FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作者:タイツの人さん
投稿日時:2006/12/01(金) 18:33:58
備考:タイツ仮面、怒涛の新章!ミユキさんも復活おめでとう!


「俺はタイツ!真理の扉をこじ開ける者!今日も平和の代価を払うべく敵女(犠牲者)を求めさ迷うぜ!」
満月の夜、繁華街を少し離れたビル街にある小さな公園で男が叫んでいる。
採石場の一件から半年。再び日本に舞い戻っていた全身タイツの怪しい男はあいも変わらず正義者気取りだった。
女戦闘員の気配に引かれ、寂れた公園にやって来たタイツは全ての感覚を総動員して犠牲者じゃなくて女戦闘員を探し回った。
しかし…彼の前には一匹の猫がいるのみ。「あれ?」と思うタイツの前で、夜の闇に溶け込むかのような黒猫が頭を撫でている。
「ぬぅ。当てが外れたか。それはそれとして、ぬこカワイイよぬこ(*´Д`*)」
本来の目的を隅に追いやって猫相手に遊ぼうとするタイツ。と、彼の背後から煙草の臭いが漂ってきた。
タイツの仲間である聖石戦士いわく「外で吸いにくくなる一方の世の中、自室が一番気兼ねなく吸える場所だ」と言う。
ちなみにそいつは随分前から携わってきた任務にピリオドを打ち、その時知り合った娘と結婚するのだという。
実に羨ましい。俺なんか会う女がみ~んな戦闘員だから宿命に従って屠ってばっかだぜ。いいなぁ~。
フ~ッ、再び煙草の煙。今度は直接吹きつけられた。流石に、臭う。
「…って、誰だァーッ!」
物思いに耽るのを止め、背後の怪しい気配に振り向く変態タイツ。その声に驚いたのか、猫が猛ダッシュで逃げていった。
『敵女の気配を追って猫にたどり着くとはねぇ』
後ろには女が立っていた。厚ぼったいトレンチコートの下に黒のレディーススーツという…銭形のとっつぁんみたいな井出達だ。
どこかで見たような灰色の髪は胸まで伸ばしっ放しにしている。顔立ちは美しく、左眼を覆う眼帯が更にアンバランスな美を醸し出す。
開かれた右目の色は黒く、暗い。よく研磨された黒曜石を思わせる。鼻は高くすらりとしている。明らかにアジア系の顔ではなかった。
その黒い瞳がこちらを見据える。見下すかのようなその姿勢にタイツはむっとしたが彼女は無視して口を開く。
『貴方のアンテナも錆びついたようね…クスクス…おバカさぁん』
その口から発せられた言葉はやはり軽蔑が色濃く出た冷たいものだった。タイツはますます機嫌を悪くした。
「無礼ってレベルじゃねぇぞ!何者だッ!」

『"血風"のクリスタトス』…女は氷のような冷たい声音でそう名乗った。

その頃―――――

今日も一日の仕事が終わった。夜の街を行く会社員風の女――ミユキは疲れた顔で帰路についていた。
採石場で死にかけた彼女もまた、日本に帰ってきていた。"組織"からの追っ手もなく、今は職場に復帰している。
職場といっても"組織"ではない。世を忍ぶための仮の生活である事務員の仕事に戻っているのだ。
(今日はお腹空いたな。あのバカも最近見ないし、ブロフェルドと一緒にラーメン食べに行こうかしら)
気だるい面持ちでそんなことを考えていたら、不意に声をかけられた。
「ねーねー。そこのお姉さん~」
そいつは馴れ馴れしい口調でこちらを呼んでいる。最初は何らかの―下らない部類の―勧誘かと思い気だるい印象を受けたが、
無視すると五月蝿い手合いかも知れない。仕方ない。適当に相手して手っ取り早く済ませ――…
『ブロ姉(ねぇ)は元気?』
「え?」
完全に振り返る前に意外な名前が飛び出した。それは彼女の家に居候している自称・妹の名だ。
パッと振り向き終わってみるとそこには声で感じた印象と同じ、ちょっと馬鹿そうな小娘がいる。見た目は高校生くらいか。
よく街で見かける"今風の"格好の女の子だ。細い指の全てに何らかのネイルアートが施されていて、ラメの部分が派手に光っている。
「…誰よ貴女」

『"烈火"のスカラマンガ』…パッと見、頭の悪そうな小娘は馬鹿っぽい口調を改めてそう名乗った。

コートの女は煙草を吸いながら楽しげにタイツの格好を観察している。
上から下までジロジロと、途中で『プッ』って聞こえたのがタイツの癇に障る。明らかに馬鹿にされているのだ。
まぁ、タイツは全身ふぁ
「…クリトリス?」
タイツは"わざと"間違えて呼んでみた。軽くからかって相手の性格を掴むつもりだったのだ。が、
『…クリスタトスよ』
ふぅ~。煙草の煙が三度タイツに吹き付けられる。今度は真正面から受けたので咳き込んでしまった。
「げぇっほげほっ!――よぅし、ならクリちゃんでいいな!お前が今夜の生け贄だ!決定!大決定!」
ビシッとクリちゃんを指差し、今夜の獲物と定めるタイツ。大げさで演技がかったポーズを決め、プルプルと武者震いを再現する。
それを冷ややかに見つめながらクリスタトスは笑う。おもむろに煙草をポイッと投げつけ、タイツの膝に当たる。
「熱っ!」遠距離からの根性焼きがタイツを襲う。膝の部分が焼け焦げてしまった。特注タイツなのに、酷い。
『こんなのが標的ぃ?…クスクス。俗に言う"冗談"ってヤツねぇ』
「にゃにィ~っ!?」
侮られたタイツはいつものペースを崩されて面食らっている。こんなタイプは初めてだった。
「お前のその余裕もここまでだ!"TIGHTS THE MASK"をナメんなよこのメス豚がァーッ!いきなりイくぜッ!白濁色のオーヴァ――」

 ガ ブ ッ !

「ドライ…ヴィヤーーーーーーーッッ!!?」
突き出されたタイツの下半身を激痛が襲う!思わず最強の碑文を放ちかけるタイツ。だがMPが足りないようだ…
涙目になって――アソコが逝ったかも、という恐れを感じつつ――下半身を見る。猫だ。見覚えのある黒い猫がいる。
「なっ…なんでさっきのぬこが俺のおチンチンを噛んでる、の……う~ん」
タイツはそのまま前のめりに倒れた。猫の離れた後の股間は真っ赤だ。何たる様。薄れゆく意識の中でクリちゃんの笑い声が木霊する。
『おバァカさぁん…クスクス』

その頃、ミユキは―――、

「…スカラマンガ?」
「そ、ブロフェルド…ブロ姉とは姉妹で~っす☆ よ・ろ・し・く・ネ♪」
先ほど名乗った時からすぐに軽い口調に戻ったスカラマンガはミユキの前でぶりぶりと媚を売るような素振りをする。
「ミユキおばさんって老けてるねぇ~。何歳?」
眼前を右に左に、ちょこまかとウルサイ蝿のような動きでミユキをからかう。
"オバサン"、"老けてる"という禁句をズバズバと小娘に言われ怒り心頭のミユキだが、こういった連中にまともに取り合うのは
疲れるだけだし無駄なことだとタイツやコンドー(前作で出てきたミユキの上司。故人?)で思い知ってるので極力抑えるよう努めた。
「(プルプル…)な、なんのよ・お・か・し・ら!?」
それでも語尾が強くなってしまった。ぶっちゃけ、この小娘を引っ叩いてさっさと帰りたい衝動でいっぱいだった。
スカラマンガはそのミユキの心情を知ってか知らずか、目の前で動き回るのを止めて真正面からこう言い放った。
「あのねぇ。死んでくれるぅ?」
「え―――」

 ド ゴ ッ !

聞き捨てならぬ言葉にカッとなったミユキを突然の衝撃が襲う。やられ役の宿命か。しっかり喰らってしまったボディブロー。
「ほげぇっ?!」なんて間抜けな悲鳴を上げてそれっきり彼女の意識は途絶えた。身体から力が抜け、スカラマンガに抱え上げられた。
「女ヤラレ役、ゲットだぜぇ☆」
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 悪の女戦士を屠るスレ まとめblog, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。